就職活動において真っ先に見てもらう判断材料となるものが履歴書です。実際、面接の場合でも、履歴書を見ながら質問をするケースが多いようですから、履歴書は思った以上に大切なツールです。履歴書で、これまでの学歴や資格の有無・趣味や家族構成など、必要最低限の情報を開示する訳ですが、それだけでなく、これも自己アピールための重要なツールと考えてください。やっぱり、あまり汚い字で書くのは良い印象をあたえないに繋がるかもしれません。字が下手だと自覚しているのなら、うまくなるように練習した方がいいでしょう。時間的にそれが間に合わないなら、わずかでも読みやすいように丁寧に書くようこころがける必要があるかもしれません。履歴書は読む相手に自分の事を紹介する目的で作成するといわれています。あまりに達筆で何を書いているかわからなかったり、汚い字で読めないようですと、書類選考で落とされても文句はいえないと思います。とにかく、読みやすい字で丁寧に書くことが一番好まれます。一時期は、読みやすさとPCスキル披露の目的で、履歴書をPCで作成して提出する傾向もありましたが、近年ではやっぱり下手でも手書きの方が好まれると言う傾向があるのでしょう。ただ、その企業の業種にもよるでしょうから、手書きとPC作成のどっちが好まれているのか調べた方がいいでしょう。趣味や資格欄は、可能な限り詳しく書いて自己アピールに使いてください。それの他には、企業ガイダンスや合同説明会に何度も足を運ぶのも有効な手段の一つです。気にかかる企業があったら、一度といわず何回でも足を運んでみましょう。それによっては顔や名前を覚えてもらったり、熱意があると判断してもらえるケースもあるかもしれませんー